FC2ブログ

futofutomomo

なむみょ~ほ~♪

金星エンジンのゼロ戦

見よあの空を~♪遠く光るもの~アレはゼロ僕らの・・・機体に輝く金色の鷲
見よあの海を~♪遠く映る影~~アレはゼロ僕らの・・・主翼に輝く南の太陽
平和~祈って今日も飛ぶ~ ゼロ戦、ゼロ戦今日も飛~ぶ
昭和17年4月着手、18年8月に5000機19年中に2万機
金星エンジン670kg1560馬力_ゼロ戦54型575km(640km:100オクタン)
遠距離飛行性能に執着しすぎた海軍と雷電、一式、烈風でノイローゼ状態だった堀越さんが蹴った為に旧式ゼロ戦で6000人以上が死んだ。
どうして複数の知恵を統合できなかったのだろうか?
糸川ジェットを付ければ700kmは出ていただろうに。
http://blog.goo.ne.jp/goozmakoto/e/07fd9873ac35ee8c024d1097bbc78a04
http://plaza.rakuten.co.jp/allmilitary72/diary/201302020000/
中島のエンジン技術は一流だった、が、なぜに36リッターの誉なんかが主力に採用されたのか?
たったの1年分のガソリン在庫が原因だったのか? ハ44やハ47やハ214特エンジンではどうであったのか?ハ42では?
空技廠の 彗星 攻撃機、は秀逸だった!
http://k-miyazaki.blog.so-net.ne.jp/2008-06-14
1940年11月初飛行~ 
 555km1200馬力2・5トン24㎡ 3780km 500kg爆弾内装 零より速い!
 575km1560馬力2・5トン24㎡ 3940km  同
1941年
 630km1680馬力2・6トン 火星    排気量42L  φ134cm
1943年
 650km2160馬力3・0トン ハ42   排気量54L  φ136cm
 670km2200馬力2・8トン ハ44ターボ無し
 700km2450馬力3・0トン ハ44   排気量48L  φ126cm
 740km2470馬力2・9トン ハ47   排気量58L  φ145cm
 780km3000馬力3・3トン ハ214特 排気量58L★ φ139cm
1944年
 680km2450馬力3・2トン ハ42 排気量54L
 780km3000馬力4・0トン ハ50 排気量65L
 816km3400馬力3・8トン ハ53-01 金星を串型4重星型 排気量65L

★たぶん自重は4トンクラスになっただろうけどなあ。
低空限定で、しかも南方であれば、100%メタノール冷却
海面高度SL_0mでは80km減の700km 
800kg爆弾や970kg魚雷は機外吊り下げでさらに100km減の600km
コレデ戦えたのか? 
43年であれば、海面で540kmのF6FやF4UやP47には追いつかれなかっただろう。

量産の進んでいた 火星エンジンではどうだったのか?
1941年
 630km1680馬力2・6トン 火星    排気量42L  φ134cm
1943年
 690km1900馬力2・8トン 火星
 730km2300馬力 (同 赤レバー:非常出力)
 790km 排気推力333kg増加:糸川ジェット(ラムジェットの一種)
天才!、糸川氏の着想を一笑に付した連中は負けて後悔した????

サイパン空爆の往復6000km飛行は 出来たのだろうか?!
250kg爆弾で燃料4500リッター3・5トンなら・・・
真珠湾で戦艦を沈めた97式航空魚雷の弾頭はたったの250kgだったから・・・
アスリート飛行場のB29なんぞは 250kgの燃料爆弾?で燃やせば良かったのかも・・・
まもなく敗戦記念日 レーダー探知圏外の海面上5mを編隊飛行訓練を、、、今もしている!?
英霊諸氏の成仏されます事を祈ります。
彗星33彗星艦爆33型1560馬力

彗星艦爆33型1560馬力
 

妻と飛んだ 特攻兵』 1945年8月19日満州、日本の開拓民を見捨てて陸軍は遁走、ロシア軍と土民が攻撃開始、黙って見てられるか!97式練習機 妻は白いワンピースを着て搭乗、谷藤徹夫、朝子。満の千鳥よ心が有れば谷藤夫妻の意気に鳴け なむ、

前田武 92歳 真珠湾攻撃、空母加賀の艦攻村田重治隊で偵察員、「高度10mで魚雷投下、戦艦バージニアから泥柱6本、、、終戦の年同じ戦艦から砲撃されて負けるなあと・・・」
原田要 96歳 「ミッドウエーで4隻空母を失いゼロ戦で海面着水、4時間後救助される、手足のちぎれた兵は「おかあさん、、、と」
高橋淳 90歳 「高度5mで僅かに方向を変えながら直進 投下後敵艦スレスレに・・・」鹿児島県出水40機中最後まで生き残った一式陸攻。
和田明 93歳 「慰安婦の写真裏の丸印Oは1円、◎は2円、三重丸は3円、薄化粧と華やかな服で買い物、あこがれだった。」
(兵隊の月給が10円、日赤看護婦60円、慰安婦は600円:終戦時ビルマ)
 
スポンサーサイト



  1. 2013/06/28(金) 20:11:29|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

烈風改,設計図、群馬で発見

<烈風改>幻のゼロ戦後継機…設計図、群馬で発見
烈風改 は短距離専門のB29迎撃用 ターボの位置が悪く燃料が積めないし空冷が効かないので実用にはならなかっただろう。
ハ43エンジンのは米国100オクタンではブーストを上げれるので楽々730kmは出せたはず。軍人が機械に無知だったため?実戦にはまにあわなかった。
高性能の秘密は1トン軽いだった。
当時の日本では「糸川ジェット」しか増力はできなかっただろう。
二十試甲戦案
甲戦は遠距離攻撃用 翼巾16m31㎡はやむおえまい
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130321-00000040-mai-soci.view-000
http://www.warbirds.jp/ats/mfg/3d/a/a7m/a7m3j-3.html
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ohgai/3853/jnrs/jnrsC235b.htm
『風たちぬ』宮崎はやお7月公開なんだとさ 偶然?堀越さんの遺品が出た 続きを読む
  1. 2013/03/26(火) 20:27:23|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最終案プロジェクト1939

1939年プロジェクト101発射!
1939年プロジェクト98糸川ジェット噴射!糸川ジェットによる50kmの増速1939年プロジェクト97改
1939年プロジェクト96平面比較 1939年プロジェクト95

1939年プロジェクト91
逆転WWⅡ 1939プロジェクト 
鳳山先生http://houzankai.blog.fc2.com/blog-entry-40.html
http://houzankai.blog.fc2.com/?no=40
架空機の館http://www.warbirds.jp/kakuki/sanko/en_deuche.htm 続きを読む
  1. 2013/02/11(月) 20:26:52|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どうしてコレ

藁醗酵肥料 春豪雨でみごとに醗酵してる、ワゴンR3往復分、じゃがいもと夏豆にかぶせた。コレで除草剤もビニールマルチも無用の江戸時代農法だ。 腰が痛てえ、、、
漂着の有機ゴミは微量のプラスチックビーズは混入してるため、膀胱癌になるからららら、もったいないけど1トン焼却して廃棄。

「どうしてコレばかりをつくらなかったのか!」坂井三郎 海星3000馬力試験飛行1942年
坂井三郎 海風試験飛行3
日本が僅か1600~1850馬力を主力にしたのはドイツの影響でしょうね。
ハ50復元 エンジン比較

防御のみならソレでも良かった。が、反撃するには最上段の選択しか有り得なかった。
ハ50エンジン 3000馬力(3990馬力非常出力:赤レバー) 
        66L自重1・5t
        運用
  海星攻撃  1段2速91オクタン3000馬力 延長軸無し   700km
  海雲偵察  同、胴体インタークーラー3990馬力 延長軸無し780km
        (PEG水冷、鉛ガソリン、アニリン添加)
  50~20km増速:延長軸+100オクタン石炭液化ガソリン
            またはターボ1万m
  すべて出来たのだが、量産はムリだった。
  戦争目的が世界恐慌の失業対策だったからだ、日独ともに2000馬力エンジンは量産しない約束だった。
証拠:1990馬力の誉 米国自動車工場は戦闘機しか作らなかった。キャバリエ製ムスタング。
  
3000馬力の装着だが・・・延長軸は有効だったのか?
 延長軸   胴体φ145cm+~ 雷電 594km:670km1850馬力火星25
 延長軸無し 胴体φ145cm+~ 紫電 596km:670km1825馬力 誉22
 延長軸無し 胴体φ145cm+~ 鍾馗 612km:730km1500馬力ハ109
                          (推力排気、平滑加工)
烈風 誉  1440馬力 冷却ファン570km
  ハ43 2200馬力 ファン無し620km平滑加工で58kmの増速
  ハ44 2450馬力 ファン無し670km
  ハ42 2500馬力 ファン無し675km
  ハ50 3000馬力 ファン無し725km30㎡
海星ハ50 3000馬力 ファン無し725km33㎡(細いので胴体抵抗が少ない)
             海面で650km 爆装1tで550km
海風ハ50 3990馬力 ファン無し825km33㎡ 胴体水冷インタークーラー
海雲ハ50 3990馬力 ファン無し850km33㎡ 胴体水冷インタークーラー ターボ
                1万m

ゼロ戦の冷却方式が最良だった。
米軍機がコルセア程度であれば海星のみで充分だった。単純明快。

迷彩効果 海星戦闘攻撃機
迷彩効果




 
  1. 2012/04/02(月) 12:35:46|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空冷3000馬力

海星3000馬力11・5m改φ3・3x6枚
日米比較3000馬力
日米3000馬力

遠距離飛行は空冷3000馬力
英国陥落に備え、B36用に作られたのがR4360
米国空爆用に作られたのがハ50

海星3000vsP72&P51H&P47N
同一スケールです。
海雲、海星3000馬力1943年
ゼロ戦 囮
海雲偵察機・・・・強行偵察780km時 2000機
海星戦闘爆撃機・・海面で666km  9000機
P51H・・・・・・・・・・海面で700km  2000機
F4U4・・・・・・・・・・海面で600km  1万機
XP72・・・・・・・・・・海面で640km  500機
米軍機1945


詳細 続きを読む
  1. 2012/03/28(水) 09:44:56|
  2. 飛行機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリ

さとり (4)
生存 (15)
フリーエネルギー (2)
飛行機 (15)
美女^^ (1)
未分類 (285)
株 (6)
娘が食われる日 (3)
光学 (1)

プロフィール

あかさたな12345

Author:あかさたな12345
カテゴリ さとり 参照
ツイッター@futofutomomo
自給自足、大工兼農民
貧乏だけど心は錦^^
M(Yehow)解るかな

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR